正月太りを解消するには?対策は?原因は?

261878

 年末年始の休み明けに、体重が増えてしまういわゆる「正月太り」。ついつい気が緩んで自

堕落な生活を送ってしまいがちですよね。不摂生な生活をせず、太らないためには食事をする

際にもよく考えて食事をしなければなりません。

正月太りを解消するには?

 
 普段の生活の支障がでないくらい、いつもよりもちょっと食事を少なくしましょう。他には

フルーツダイエットもオススメです。僕は一時期正月後にフルーツを朝食をに食べていました

。キウイやバナナを食べていました。フルーツには体の老廃物を排出する酵素が含まれている

ためです。ただし食べ過ぎにはご注意を。そして午後8時以降は体がエネルギーを吸収する時

間になるため何も食べませんでした。

 

そして脂肪を燃焼するために日頃から運動をしましょう。上半身、下半身どちらも

バランスよく鍛えて欲しいですが、特に下半身の筋肉を鍛えることによって基礎代謝量を上げ
ることができます。 ジョギング、ウォーキングはとても効果的です。

正月太りしないための対策は?

 年末年始食事をするにもよく考えて食べましょう。いつもより多く食べてしまうから太

ってしまうわけです。一日3食どこかでおせちやカロリーが高い料理が出ることがあると

思います。例えば夕食に正月料理が出るんであるとすれば、朝食、昼食は軽めにする。その夕

飯も食事の量を減らして食べる。正月に食べるお餅を一個減らすとかです。

 

あとは寝正月で過ごすのではなくなるべく動きましょう。年末の大掃除はすすんでやり

ましょう。年始には初詣や買い物する機会もあります。その際は歩いてお店まで行きましょう。

とてもいい運動になります。

正月太りの原因は?

 
 お正月はおせちなど特別な料理が並び、食べ過ぎ飲み過ぎで過剰にカロリーを摂取して

しまい逆に動かないことに寄って消費するカロリーは減ってしまうため自然と体重は増え

てしまいます。生活サイクルが崩れることも原因に挙げられます。

まとめ

 食事制限も運動も一時だけでなく続けて行うことが重要です。「継続は力なり」とはよく

言ったものです。地道に無理せず痩せましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP