冬至にかぼちゃを食べる理由は?由来は?地域によって違う?

50660b7e21ef20e6d51de41731f76f5f_s
 12月22日は冬至です。夏至の反対でこの日は一年間の中で最も日照時間が短くなります。当日はよく行われている習慣としてかぼちゃを食べる習慣があります。

 この習慣について皆さんなんとなくやっていませんか?なぜこの習慣があるのかここで知っておきましょう。

冬至にかぼちゃを食べる理由は?

 カボチャにはビタミン、カロチンが多く含まれており風邪予防としての食べ物として適しているのでみんなに食されているのです。冬に保存可能である貴重な緑黄色野菜というのも食べられている理由です。

冬至にかぼちゃを食べる由来は?

 昔の人々は野菜が不足になりがちな冬に、保存が効く栄養価が高いかぼちゃを食べたのでした。これで冬の寒い時期を乗り切っていたのですね。見事な先人の方の知恵です。

 また冬至に「ん」がつく食べ物を食べると、幸運になると言われており、かぼちゃは別名南瓜(なんきん)とも言い「ん」が2つつく食べ物として好まれました。南瓜(なんきん) 、蓮根(れんこん) 、人参(にんじん)、ぎんなん、金柑(きんかん)、寒天(かんてん)、うどんは冬至の七種として知られています。この7つの食べ物は運気を呼びこむとして昔の人によく好んで食べられていたようです。

冬至にかぼちゃの食べ方は地域によって違う?

 かぼちゃを食べる習慣はありますが地域によって食べ方は違うようです。北街道や東北地方にはカボチャと小豆を一緒に煮た郷土料理「いとこ煮」がよく食べられていいます。私は関東に住んでいますがかぼちゃの煮物だけしか食べたことがありません。

まとめ

 冬至には厄払いのためにということで柚子湯にも入る習慣もあります。冬至の日は運気が上がり始める「一陽来復」とも言われています。

 かぼちゃを食べたり、柚子湯に入ってあったまるのも「一陽来復」に備えるための下準備なんですね。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

クリスマスの赤ちゃんとの過ごし方はどうする?夫婦や一人の場合は?
正月飾りはいつまで飾る?関東と関西では?いつまでに飾る?
鏡餅はいつまで飾る?食べ方は?カビが生えたら?
寒中見舞いの時期はいつまで?過ぎたらどうなる?喪中の場合は?
しめ縄の作り方は?コツは?意味は?
年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?いつまでに出す?とっておくのは?
喪中のお正月の過ごし方は?おせちは食べていい?挨拶の仕方は?
友チョコとは何?英語にすると?お返しは?
クリスマスのおつまみで簡単にできるものは?
成人式のお祝いのお返しは必要?プレゼントは?食事会の体験談
豆まきの大豆の余りをどうする?落花生も?犬にも大丈夫?
クリスマスの飾り付けのアイデア色々。安くするには?いつから飾る?
スキーでの子供の服装は?インナーは?靴は?
年越しそばの由来は ?いつ食べる?具は地方によって違う?
おせちの中の海老のつや煮のレシピは?塩焼きは?海老の意味は?

Menu

HOME

TOP