風邪に効くりんごの効果は?すりおろしが良い?他にレシピはある?

267720

 風邪をひくと熱が出て体がだるくなってあまり動きたくなくなりますよね。風邪の予防にはいろいろな食物がありますが、その一つがりんごです。

風邪に効くりんごの効果

 りんごは「一日一個りんごで医者いらず」と言われるほど栄養価の高い食べ物です。

 りんごにはペクチンが含まれています。ペクチンには整腸作用があり、下痢をした場合にも改善効果があります。りんごにはリンゴ酸も含まれています。ペクチンには粘膜を守る作用もあり、リンゴ酸には消炎作用があります。そのため消化や血行を促進します。

風邪にはりんごのすりおろし

 風邪になった体調不良時にりんごを食べるんであれば、食べやすくすりおろして食べましょう。離乳食としても適しています。できれば皮ごとすりおろして食べましょう。皮には、ポリフェノール、カリウム、ペクチンなど多く含まれます。

 プラスチックのおろし金でおろしましょう。金属製だとりんごの成分が変質するおそれがあるためです。

風邪になった時に食べるりんごのレシピ

 りんごをすりおろして食べる他にもアレンジしておいしく食べることが出来ます。

・生姜湯にはちみつ、そしてすりおろしたりんごを入れてかき混ぜて出来上がり。身体が温まります。

・りんごをすりおろしたものに葛粉を少し入れて、よく混ぜます。葛には体を温める発汗作用があります。

・りんごを薄く切ります。りんごを水、はちみつ、レモン汁を加えて20分煮詰めて出来上がり。はちみつには咳止めの効果があります。

まとめ

 りんごは甘くてとても食べやすいですよね。子供がもし風邪をひいてしまったら、もし自分が風をひいてしまったら・・りんごを食べましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

引越し挨拶のギフトで人気があるのは?どこで買う?相場は?
学生で一人暮らしした時の体験談
一人暮らしの節約で食費はどうする?貯金は?電気代と光熱費は?
花粉症の季節の洗濯物の対策は?時間は夜が良い?布団はどう干す?
謹賀新年の意味で目上の人には?喪中の人には?恭賀新年の意味は?
梅雨時の湿気対策で押し入れはどうする?風呂場は?窓は?
バーベキューの持ち物リストはこれ!子連れで必要なのは?あると便利なものは?
海外旅行の便利グッズはどれ?子連れでは?100均でも?
シャワーカーテンの洗い方は?カビ対策は?内側に?
鉢植えのカーネーションが枯れたらどうする?育て方は?植え替えは必要?
重曹で掃除をするときの使い方は?キッチンでは?お風呂にも?
飛行機の乾燥対策はどうすればいい?子供連れの時は?なぜ乾く?
おみくじはなぜ結ぶ?期限は?何度引いてもいい?
大根の保存期間は冷蔵の場合は?冷凍の場合は?保存食はあるのか?
ポットをクエン酸で洗浄する方法は?注意点は?代用品はある?

Menu

HOME

TOP