七草粥を食べる理由は?レシピは?美容効果は?

278865

 1月7日に食べる「七草粥」。セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロが入ったお粥ですが、 僕も何度か食べたことがあります。味が薄く、素材の味を味わうのかな?と思って食べてた記憶があります。なんで七草粥を食べるのか気になりませんか。

七草粥を食べる理由は?

 これには理由があります。正月料理を食べ過ぎた胃腸をいたわるために春の七草を食べようということです。また七草を食べることによって無病息災を願う理由もあります。野菜が不足しがちな冬場に七草を摂取しようという意味もあるのです。江戸時代に七草粥を食べる習慣が庶民に広まりました。

 

七草粥のレシピは?

 鍋でおかゆを作り、事前に灰汁抜きした七草を入れます。その後に適量の塩を入れます。塩は味を濃くしないように、あまり入れないようにしましょう。混ぜたら出来上がりです。最近はスーパーにも七草セットが売られています。とても買いやすくなりましたよね。

七草粥に美容効果がある?

 七草粥には、不足分の野菜を補うだけでなく美容効果もあります。七草はビタミンやミネラルが豊富です。セリ、ナズナ、ハコベラ には利尿作用もあり、これによりむくみ解消効果もあります。スズナにはそばかず予防に効果があり、スズシロにはひび・あかぎれ予防になります。

 他にも七草には、健胃効果、咳止め・解熱効果、リラクゼーション効果、肝臓回復効果もあります。

まとめ

 昔の人は、早春に芽吹く春の七草を食べて邪気を払っていたそうです。僕達も七草を食べて一年間健康でいたいものですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP