風邪の関節痛はなぜ起こる?治し方は?緩和させるには?

117823

 ある日、体の調子が悪く体がだるい。熱をはかってみたら微熱が出てる・・。風邪から起こる発熱、せき、だるさは嫌ですよね。他にも体の関節が痛いことってないですか?この痛みはちょっと気になりますよね。これは何が原因なんでしょうか?

風邪の関節痛はなぜ起こる?

 ウィルスが体の中に侵入した時にからの免疫機能が働いているからです。 ウィルスが体を悪化させているのが直接の原因ではないということです。治癒するためのプロセスなんですね。少しは安心したのではないでしょうか?インフルエンザになるとこの傾向が顕著になりやすいです。

風邪の関節痛の治し方は?

  風邪を治す。この一点に尽きます。風邪が治れば関節痛もなくなります。ちゃんとした食事で栄養を摂り、水分も十分に補給しましょう。そして安静にして寝る。なるべく安静にしていましょう。体は冷やさないようにしましょう。免疫力が低下します。風邪の症状が治った後も関節痛になるのであれば膠原病等の可能性もあるのですみやかに病院へ行って検診を受けましょう。
  

風邪の関節痛を緩和させるには?

 
  関節がすごく痛いのであれば痛い部分を冷たいタオルで冷やすことで、緩和はされます。しかし体の温度を上げることでウィルスと戦っているわけですから最初からずっと冷やし続けるのも考えものです。あまりにも痛すぎて我慢できない時などに限定した方がいいです。

まとめ

 普段からうがい・手洗いをして風邪を引かないようにしっかり予防しましょう。そうすれば風邪の関節痛にもならないです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP