ひな祭りの歌の歌詞の意味は?間違いがある?短調なのはなぜ?

037672

 3月3日は「ひな祭り」です。女の子のお祭りです。ひな人形を飾ったり、ちらし寿司やひなあられを食べてお祝いする行事です。「あかりをつけましょ ぼんぼりに~」の歌が定番になっていますね。

 この歌は「たのしいひな祭り」という名前で作詞・サトウハチローさん作曲・河村光陽さんの童謡です。昭和11年(1936年)に発売された歌です。この曲はサトウハチローさんが娘さんにひな人形を買ってあげた時に作詞をしたとされます。ひな祭りの歌としてこの歌は有名ですが、この歌には桃の節句を祝う楽しいひな祭りとは違う別の意味が込められているのです。

  

ひな祭りの歌の歌詞の意味は?

 「たのしいひな祭り」の2番の歌詞に

「お嫁にいらした 姉様に よく似た官女(かんじょ)の 白い顔」

の部分は結婚が決まっていたのに結核で亡くなった実の姉への慰霊として詩が作られたのではないかと言われています。「お嫁にいらした」とはお嫁さんとして行ってしまった姉という解釈になります。

 子供に雛人形を買った時に作詞をして、その歌詞には病気で亡くなった姉の事が連想されている部分があるというのは、とても興味深いです。

ひな祭りの歌には間違いがある?

 実は「たのしいひな祭り」の歌詞には間違いが2つあります。

 一つ目は2番の「お内裏様とおひな様」の部分です。お内裏様とは男性のひな人形と女性のひな人形と2つでお内裏様になります。おひな様もひな人形全体の事を指します。これでは同じことを繰り返してしまいますね。二つ目は3番の「赤いお顔の 右大臣」の部分です。赤い顔をしているのは左大臣です。赤い顔をしている老人の人形を作詞をしたサトウハチロー氏が間違えててこのような歌詞になってしまいました。また、大臣ではなく、おひな様を護衛する随身か近衛中将のどちらかの呼び方が正しいです。

 後年、ハチロー氏はこれらの間違いをとても悔やんでいたそうです。


 

ひな祭りの歌が短調なのはなぜ?

 ひな祭りという祝いの行事なのに歌自体はどこか落ち着いた、暗い感じの歌なのかは前述の亡くなられた姉へのレクイエム(鎮魂歌)だという説があります。確かに短調の曲は悲しい、暗いといったイメージ、長調の歌は明るい感じがしますね。「ちいさい秋みつけた」「赤い靴」は短調の童謡です。

 

まとめ

 「たのしいひな祭り」の歌詞の意味を伝えるかどうかは貴方次第ですが、ひな祭りをしてあげた子供に後年になってあの歌の歌詞は実はこういう意味があったんだよと教えてあげるのも本当のことを知るという意味では、良い事なのではないでしょうか。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP