結婚式での袱紗を使ったご祝儀の渡し方は?何色が良い?代わりは?

114442

 結婚式にご祝儀袋をそのまま受付の方に渡す方もいるでしょうが、祝儀袋そのままだとしわができてしまったり、恥ずかしい思いをするかもしれません。袋にシワを作りたくないのであれば「袱紗」(ふくさ)に包んで受付時に出すと良いでしょう。袱紗とは冠婚葬祭時に祝儀袋や香典を包む絹布のことをいいます。袱紗から出すことで祝儀袋を丁寧に扱っているとなります。

  

結婚式での袱紗の渡し方は?

 バックの中に袱紗を入れておき、受付の人に対して袱紗を開けて祝儀の袋を取り出して、袱紗の上に袋を乗せて受付の人に対して正面になるように出します。袱紗をたたんで受付台の上において祝儀袋を掴み、両手で渡すのもOKです。渡す際に「本日はおめでとうございます。」と一言添えましょう。

 袱紗には金封タイプ爪付き、台付きタイプがあります。金封タイプはそのまま開ければいいですが爪付き、台付きタイプは包み方があります。そんなに難しくありません。

袱紗を包む手順
1.袱紗の上に自分に対して祝儀袋をやや左寄りに乗せます。(爪がある場合は爪を右側に)
2.袱紗の左部分を折り、続いて上部分、下部分を折ります。最後に右部分を折ります。これで完成です。
逆の順番で行うとお悔やみ用の香典を包む時の順番になってしまうので注意です。

結婚式で袱紗を使うときは何色が良い?

 袱紗には何種類か色がありますが、結婚式などの慶事用には明るい色(赤・オレンジ等)の袱紗を持って行きましょう。逆にお悔やみなどの弔事用 には暗い色(紺色・緑等)の袱紗を持って行きましょう。他には、紫色の袱紗は両方の行事に使えます。迷ったら紫にしましょう。
 

結婚式の袱紗の代わりは何かある?

 もし結婚式に何らかの事情で袱紗がないというのであれば、綺麗な明るい色のハンカチで一応代用はできます。しかし、袱紗で渡したほうがいいのは確かです。
 

まとめ

 袱紗は「お祝いの金」を汚さないための布です。相手に対して失礼にならないようにあるんですね。実用的で、長持ちするという点で成人式のお祝いの記念品としてあげてもぴったりです。ちなみに袱紗は、礼服を売っている大型デパートや百貨店の、着物売り場、紳士服売り場に置いてあることが多いです。インターネットの通販でも売っています。


おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

鉢植えのカーネーションが枯れたらどうする?育て方は?植え替えは必要?
一人暮らしの節約で食費はどうする?貯金は?電気代と光熱費は?
500円以下のプレゼントで子供の場合は?中高生の場合は?
おみくじはなぜ結ぶ?期限は?何度引いてもいい?
花粉症の季節の洗濯物の対策は?時間は夜が良い?布団はどう干す?
ポットをクエン酸で洗浄する方法は?注意点は?代用品はある?
風邪に効くりんごの効果は?すりおろしが良い?他にレシピはある?
餅の保存方法は冷凍の場合は?常温では?カビが生えたら?
海外旅行の便利グッズはどれ?子連れでは?100均でも?
謹賀新年の意味で目上の人には?喪中の人には?恭賀新年の意味は?
シャワーカーテンの洗い方は?カビ対策は?内側に?
飛行機の乾燥対策はどうすればいい?子供連れの時は?なぜ乾く?
梅雨時の湿気対策で押し入れはどうする?風呂場は?窓は?
近場への引っ越しの体験談
バーベキューの持ち物リストはこれ!子連れで必要なのは?あると便利なものは?

Menu

HOME

TOP