母の日の贈り物で花以外に何がある?間違えない選び方は?

139157
 5月の第2週の日曜日は母の日です。改めてプレゼントを送るのは多少気恥ずかしさがあるかもしれませんがそこは気にせずに堂々と渡しましょう。母親に日頃の感謝を込めて何を送れば良いのか悩んでいる方もいらっしゃると思います。定番のプレゼントといえばカーネーションですがあえてそれ以外でプレゼントしてみてはいかがでしょうか?

母の日の贈り物で花以外に何がある?

 母の日の贈り物は実に沢山の種類があります。そこは予算を考えて選びたいですね。

実用的なもの
マグカップ、扇子、エプロン、傘、ハンカチ、定期入れ

 すぐ使えるものをセレクトしました。これからの初夏の時期を考えて扇子をプレゼント、6月の梅雨の時期を考え、傘も大変重宝します。日傘を送るのであれば、夏のシーズンに役立ちます。

食べ物
ケーキ、チョコレート、マカロン、バームクーヘン、クッキーなどの洋菓子
まんじゅう、せんべい、モナカなどの和菓子
メロン、いちごなどのフルーツ
お茶、紅茶セット

 お菓子だけでも、お茶セットだけも喜ばれます。いつもは食べる機会のない珍しいお菓子を食べ、お茶を飲みながら優雅な時間を過ごすというのは特別な日にぴったりです。

ファッション
服、パジャマ、バッグ、 帽子、 ストール、 財布
アクセサリー
ネックレス、ピアス
 
 こちらも母の日の記念品におしゃれな形に残るものとして、いつまでも心に刻まれます。
 

 贈り物以外だと毎日やってもらっている家事をその日は一日代行するのも良いのでは。母の日の夜に普段では行かないようなちょっと高めのお店で外食する。他にも、少しお金はかかりますが旅行にいくのも良いのではないでしょうか。日帰り旅行でもとても喜んでもらえるのではないでしょうか?旅行する他にも、エステやマッサージに一緒に行ってあげて特別な「癒やしの時間」を親子で共有するのも良いです。

母の日の贈り物の選び方は?

 相手のことをよく考えて選ぶ必要があります。特に結婚されている方で夫のお母さんにプレゼントを送る人はそのあたりは考えないといけません。事前にリサーチしておかないと喜ばれるどころか逆に戸惑ってしまうなんてこともあります。

 例えば、安易に実用的なものを義母にあげて「まだまだ働いてください」などと相手方が考えてしまうかもしれない、こちらが思ってもいない誤解を与えてしまう可能性もあるわけです。そこは注意しなければなりません。母が驚く気持ちは少なくなるかもしれませんが、事前に欲しいプレゼントを聞くというのも一つの手ですね。

まとめ

 プレゼントには自分で考えたメッセージカードを付けて感謝の気持ちを伝えるとグッドです。普通の生活ではなかなか買えないものも喜ばれます。何をプレゼントするか自分自身でしっかり考えて素晴らしい母の日にしたいですね。大変ですが頑張りましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP