七夕の由来を子供向けにすると?意味は?

ƒvƒŠƒ“ƒg

 7月になるといよいよ夏のシーズン本番です。そして7月にはとてもロマンチックな「七夕」の行事があります。短冊に願い事を書き、笹の葉の飾り、願いが叶うように祈る素敵な行事です。7月7日当日や七夕の事前の日には様々な関連イベントがおこなわれますが、子供に聞かれた場合に、わかり易く説明してあげたいですがなかなか大変なのも事実です。七夕の子供でも理解できる由来と、七夕の本来の意味をまとめました。

七夕の由来を子供向けにすると?

 七夕の有名な織姫と彦星の話は中国から来ています。

 天の国の神様の娘に「織姫」という女性がいました。織姫はとても機織りが上手でした。他に牛飼いとして働いている「彦星」という青年がいました。どちらもとても働き者でした。

 神様は織姫の結婚相手にまじめに働く彦星を選んで二人を引き合わせました。二人は互いに惹かれ合い結婚後は二人で住むようになりました。結婚したあとの二人は機織りと牛飼いの仕事をせず怠けてばかりいました。遊んでばかりいた二人に怒った神様は、「天の川」を中心に置き二人を引き裂いてしまいました。離れてしまった織姫と彦星は悲しみました。

 それをかわいそうに思った神様は、一年に一度「7月7日」(七夕)に天の川を渡り会うことを許されたのでした。会うことの条件として毎日まじめに働くことが条件になりました。それから二人は再びまじめに働くようになりました。

 「まじめに働くことが大事」がポイントです。一生懸命働いていれば必ずいいことがあるという部分を子供に教えてあげたいですね。

 ちなみに夏の夜空(8月上旬頃、旧暦だと7月7日)で織姫星と彦星を見ることができます。東の空に見ることができます。織姫星はこと座のベガ、彦星はわし座のアルタイルと呼ばれ、はくちょう座のデネブとともに「夏の大三角形」と呼ばれています。子供と一緒に探してみてはいかがでしょうか。


七夕の由来と意味は?

 七夕は「五節句(昔からある年中行事)」の一つです。日本の七夕はいろいろな風習が絡んで今の七夕があるとされています。

○前述の織姫・彦星の一年に一度会えるという中国の伝説がありました。

○これも中国の風習で機織りのうまい織姫星にちなんで7月7日に機織りがうまくなるように祈る行事(乞巧奠)がありました。この祈る習慣は芸事でも祈るようになりました。

○昔の日本の行事で秋の豊作に備え、7月7日に、「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれる選ばれた女性が機織り機で着物を織り、お供えするというものがありました。その織り機を「棚機(たなばた)」といいました。

他にも多くの諸説がありますが、この3つが合わさってできたのが現在の「七夕」と言われています。

まとめ

 どうやって七夕の文化ができたのかはこどもに説明するのは難しいかもしれませんね。織姫・彦星のお話だけでも十分です。なんとなく七夕をやるのと意味をわかったうえでやるのは、後者のほうがより楽しめますよね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP