父の日のメッセージカードの文例はどうする?

394765

 5月には母の日があり、6月の第3週日曜日には父の日があります。感謝を込めてプレゼントを用意している方もたくさんいらっしゃると思います。プレゼントの他に心をこめたメッセージカードを渡すのはどうでしょう。お父さんの喜びもよりアップするのではないでしょうか。

 でも、メッセージを書こうにも何を書いていいのか迷ってる方に今回はいくつかメッセージカードの文例を紹介します。参考にしてください。

父の日のメッセージの文例はどうする?

文例1

お父さん、いつもありがとうございます。
日頃の感謝を込めてプレゼントを贈ります。
これからもよろしくお願いします。

文例2 娘から父親に①

お父さんへ
いつもは恥ずかしくて言えないけど
手紙の中なのでありがとうを言おうと思います。
私を影で支えてくれてありがとうございます。
いつまでも長生きしてね。

文例3 娘夫婦の夫から義父へ

お父さん、僕達夫婦をいつも応援してくれてありがとうございます。
ささやかですがプレゼントとして〇〇を贈らせてください。
これからも健康に気をつけて、お体を大切にしてください。

文例4 息子から父へ①

僕とお母さんのために毎日頑張って働いてくれてありがとうございます。
いつも休みの日に疲れているのにキャッチボールに付き合ってくれてありがとうございます。
大好きなお父さん、いつまでも元気でいてください。

文例5 母から父へ

毎日私と子供のために働いてくれてありがとうございます。
私はあなたと結婚して本当に幸せです。
子どもといろいろ考えたのですが、〇〇をプレゼントします。
いつまでも私と一緒にいてくださいね。

文例6 息子から父へ②

お父さん、〇〇です。僕はいつも心のなかで感謝しています。
僕も社会人になって働き始めましたが初めてお父さんの大変さがわかりました。
これからも体には気をつけて元気でいてください。

文例7 娘から父へ②

お仕事大変なのに毎日心配させてごめんなさい。
私とお母さんのためにお仕事がんばっているお父さんに感謝しています。
どうか体に気をつけて、無理しないでがんばってください。
いつも優しいお父さんが大好きです。

文例8 息子夫婦の嫁から義父へ

いつもお世話になっております。私達が困っている時に
毎回助けていただいてとても感謝しています。
これからもお元気でいてくださいね。

まとめ

 感謝を表すためにメッセージを書くのはもしかしたら恥ずかしいと思うかもしれません。ですがここは気にせず堂々とあなたの素直な感謝の気持ちを書きましょう。お父さんには一生の宝ものとして心の中に残るはずです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP