七夕の短冊の処分の仕方は?由来は?作り方は?

b07074f8ab2fe5a5db4ec001f0a02fa1_s

7月の象徴的な行事が「七夕」です。一年に一度の七夕。短冊を吊るす笹の葉は花屋やホームセンターで手に入れられるんですよ。ちなみに笹はとても枯れやすい植物なんです。僕は家ではやらず幼稚園の行事でやった経験があります。

 七夕に子どもたちと一緒に楽しんだ笹の葉の飾り、みんなといっしょに過ごしてとても楽しかった七夕ですが。七夕が終わったあとの笹の葉や願い事が書いてある短冊はどう処分すればいいのでしょうか?行事が終わっているのに、いつまでもそのままにしておけません。しっかり処分しましょう。

七夕の短冊の処分の仕方は?

 基本的には笹の葉も短冊も小さく切って可燃ごみに出しましょう。昔は「七夕送り」と呼ばれる願いを叶えるために七夕に使われた飾った竹を川に流すこともあったようですが、今はそれをやると川が汚れてしまうのでやらない所も多いです。夢が無いですが軽々と近くの川に流すこともできませんし、この方法が一番だと思います。

 願い事が書いてある短冊を簡単に捨てることなんてと躊躇されている人もいるかもしれません。その場合は時前に家族と笹の葉の飾りが写っている写真を撮っておいて、アルバムに残しておいてはいかがでしょうか。家族の思い出の写真として大変素晴らしい記念になりますよ。

 人によっては短冊を神社に奉納している人もいます。神社でお焚きあげをしてもらいます。奉納する場合は事前に予約、有料である場合があるので神社に事前に確認しましょう。

七夕の短冊の由来は?

  江戸時代になってから寺子屋で子どもたちが習い事の向上を願って短冊に願い事を書きました。それ以前に宮中行事(皇居で行う行事のことです。)になっていた七夕の時に、書道の上達を願い、梶の葉に和歌を書きつけ笹に付ける習わしがありました。これが江戸時代になって広まっていったんですね。


七夕の短冊の作り方は?

短冊は折り紙を使って簡単に作ることができます。

材料

折り紙 ひも ハサミ

作り方

①折り紙を三つ折りにしてハサミで切ります。

②パウチで上の部分に穴を開けて、ひもで吊るせば出来上がりです。

CIMG0757

緑の折り紙で笹の葉を作って、このようにして写真を撮りました。

まとめ

 現代の七夕は中国の織物の上達を願う「乞巧奠」という文化と日本の秋の豊作を願う「棚機津女(たなばたつめ)」という文化が合わさって今の七夕ができました。どちらも織物が関係しているのです。7月7日に七夕を楽しんだら最後はしっかり処分してきっちり終わりたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP