冷え性の人の夏の対策は?足が暑くなるのはなぜ?

136065

 梅雨が過ぎるといよいよ夏のシーズン到来です。気温もどんどん高くなってくるのですが、夏にも冷え性は起こるんです。部屋の中のクーラーが効き過ぎたり、外に出る時肌を露出する薄着をしたりしていると知らず知らずのうちに体を冷やしてしてしまいますよ。自分でしっかり対策することが大切です。

冷え性の人の夏の対策は?

なるべく体を冷やさないように工夫して生活することが大切です。

 クーラーをつけっぱなしにしていると冷えから自律神経が乱れがちになってしまい、体調不良になってしまうのです。血液を体に流す役目がある自律神経が乱れることでだるさ、立ちくらみなど冷え症からくる体調不良が起こるのです。中と外の温度の差があり部屋の中にいたり、外に出るといった行動を繰り返すと自律神経が対応できず冷え性になるのです。またクーラーをつけて寝るときはタイマーセットで途中で切れるようにして寝ましょう。

 お風呂に入る時はシャワーで軽く終わらせるのではなく、浴槽に40℃前後のゆるめの湯を張り、湯船にじっくり(大体30分位)浸かりましょう。こうすることで血行が良くなり対策になります。食事をするときは生の野菜を食べてばかりいると体温が冷えてしまいます。冷たい料理よりも温かい食物を食べましょう。同じ理由で冷たい飲料水も☓です。常温か温かい飲み物を意識して飲んでください。体を温める食べ物として「生姜」が上げられます。生姜を使う際は、体があたたまる加熱した生姜か乾燥した生姜を入れましょう。

 外に出るときは薄着は避けて暖かい服装を心がけましょう。服の中にハラマキをしてみてはどうでしょうか。お腹も温かい状態を維持できますよ。そして体にかっちり合う服を選ぶのではなく、ギュウギュウに締め付けない余裕のある服を選びましょう。ピッタリした服は体の血行を悪くするからです。寒さを感じた時のために上着(カーディガン)を用意しておきましょう。

 運動することも重要です。会社の机で仕事ばかりしていると動かない状態が続きますがこれはからだに悪いことで体の血液の循環が悪くなってしまいます。エレベーターを使用せず階段を使うなどできる範囲で動くことです。家でも体操をして体を動かすのも効果的です。


冷え性の人は夏に足が暑くなるのはなぜ?

 冷え性の人が夜に足がほてって眠れないということがあります。体には体温が上がり過ぎると元の平常の体温に戻そうとする機能があります。温かい血を巡らせ皮膚から熱を出すのですが、血行が悪いと足の部分に血液がとどまりほてってしまうのです。

  寝る際はお腹や腰回り、首周りを冷やさないように。足を締め付けるので寝る際に靴下を履くのはやめましょう。血管が収縮して温めるための血が足で止まってしまいほてってしまう可能性が高くなるのです。意外と思うかもしれませんが代わりに湯たんぽでじんわり足を温めてください。冷やそうとすると体は体温を上げようとするので逆のことを行い血流をよくましょう。

まとめ

 夏の時期も冷え症の対策をしなければならないのは面倒に感じると思いますがここは我慢しましょう。自分の体調の変化には自身が対処するしかないのですから。的確な冷え症予防をしつつ、夏場を乗り切りたいところです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP