初盆の挨拶を訪問した時にどう言う?服装は?お供えはどうする?

125666

 初盆とは亡くなられた人が初めて迎えるお盆のことをいいます。49日前にお盆になった時には初盆とは言わず翌年のお盆の期間が該当します。なくなった人にとって初めてのお盆になり、特に丁寧な気持ちがこもった供養がされるのです。お盆は旧歴は7月に、新暦だと8月に行事が行われます。一般的には8月13日から16日が盆の期間になります。13日が盆の入り、16日が盆の明けとなります。

 仲が良かった友人・知人が呼ばれることもあるでしょう。しかしここで疑問が・・。どんな感じで挨拶をすればいいのか・・。ここでは初盆の挨拶を中心に、服装、お供え物についてまとめました。

初盆の挨拶を訪問した時にどう言う?

以下の様な挨拶でいかがでしょうか。

例文1
「今日は皆様と一緒に故〇〇さんの新盆の御供養させていただきたく参りました。よろしくお願いします。」

例文2
「この度は、故〇〇さんの新盆のご供養にお招きいただきありがとうございます。焼香させていただきます。」

お葬式の場合とは挨拶に使う言葉が微妙に違いますよね。

初盆の挨拶の時の服装は?

葬儀の時と同じように喪服が基本ですが、時期が夏なので地味な服装で構いません。どっちにするか迷っている方は事前に喪主の方に聞けば何を着ていけばいいのか迷いませんね。


初盆の挨拶の時のお供えはどうする?

 初盆に訪問するときには、香典やお供え物を用意します。地域によってはどちらも用意する場合もあります。金額の相場は3000円から10000円の間です。お線香、果物、お菓子、お花が一般的です。どうしても諸事情で行けない場合は、香典やお供え物を謝罪の手紙を添えて初盆の前の日までに贈ります。

まとめ

 こういった行事は地域によって違う慣習になる場合があるのでわからない時は確認したほうがいいです。そして一番重要なのは故人を偲ぶ気持ちです。マナーには十分注意して準備して当日に臨みたいですね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP