ハロウィンのかぼちゃの由来は?どこで販売してる?

094476

 10月最後の日のビックイベントといえばハロウィン。最近は日本でもハロウィンが注目されているように感じます。いろんな媒体で取り上げられているし、イベント当日は仮装している集団をよく見ます。

 ハロウィンといえばかぼちゃを使った明かりが有名ですが、このハロウィンのかぼちゃの由来ってわかりますか?ハロウィンの文化は元々は海外の文化ということもあってあまりわかっていない人がいっぱいいるのではないでしょうか?ここで詳細を知りましょう。

ハロウィンのかぼちゃの由来は?

 ハロウィンのお祭りは昔のケルト民族の行事が始まりと言われています。秋の農作物の収穫を祝い、悪魔を祓う宗教食の意味が強い行事でした。日本のお盆の行事に近いですね。その行事をやる日にちが10月31日なのです。ケル人は悪魔を祓うためにかがり火をしていました。これに関係してケルト人はカブをくり抜いて、ランタンを作りました。

 ハロウィンのランタンにおいて有名な「ジャック・オー・ランタン」の話があります。

昔、性格が悪い「ジャック」という男がいました。ジャックは自分の魂を取ろうとした悪魔に対して、逆に悪魔を騙して命を取らないように約束させます。彼が死んだあと、彼の行いの悪さから天国に行くことができませんでした。地獄に行こうとしましたが地獄に行くこともできず。どちらにも行けずずっと彷徨うことになったジャックが持たされたのがカブをくり抜いたランタンでした。
 

 最初はカブだったんです。そしてアメリカにこのジャック・オー・ランタンの話が広まって行く中で、カブではなくかぼちゃがたくさん収穫されていたこともあって今では有名な「かぼちゃのランタン」ができたのです。

 ハロウィンのかがり火はこのジャック・オー・ランタンの話が合わさって魔除けとしてのランタンが有名になりました。


ハロウィンのかぼちゃはどこで販売してる?

以下の場所にハロウィンの時期近くになるとハロウィン用のかぼちゃが販売されています。

花屋
雑貨屋
大型ホームセンター
海外の食品を扱うスーパー
インターネットのお店経由

  ネットショップ以外は大きいサイズのかぼちゃを買うのは難しいかもしれません。ネットショップでの注意点は直接手にとって見ることができないという点ですね。自分が思っていたようなものではないかぼちゃが届くかもしれません。

まとめ

 アメリカは日本よりも大きいかぼちゃが手に入りやすいようです。ちなみに飾り用のかぼちゃは観賞用で食べられないのでご注意を。もし子供にハロウィンのかぼちゃについて聞かれる機会があればわかりやすく教えてあげてくださいね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP