冬バテの症状とは?原因は何?改善するには?

119611

 夏の季節には「夏バテ」という言葉をよく聞きます。寒暖の差に体がついていけなくなって、体に疲れが出たり、食欲がなくなったりすることですが、冬にも「冬バテ」という言葉があります。ちょっと聞き慣れない言葉かもしれませんが、もし冬バテになった時に直さないと春まで引津って体調が悪いままになってしまうかもしれません。冬バテの症状とは何なのでしょうか?

冬バテの症状とは?

 夏バテは体の疲労、だるさ、頭痛などの症状があります。冬バテの症状はこれらの症状に加えて、体のコリや風邪がひきやすくなるといった症状がでてきます。

 夏バテは冬になると体が休んでエネルギーを蓄える時期になり、気温もだんだん下がっていくので夏バテの症状も改善されていきますが、冬の時期にバテたままだと充電しないまま、春の時期に突入します。春になると新しい活動のが多くなる時期でもあるのでバテてるのにいろいろな活動をする、そしてバテ続けてしまう悪循環になってしまう可能性があるのです。

冬バテの原因は何?

 冬バテの原因は、冬の時期による寒さによる血行の収縮です。血行の収縮によってゆったりした状態になりづらく常に緊張した状態でいる事になり、体調不良になってしまうのです。そして家の中と外の気温差が原因でも冬バテはおこります。
暖かい家の中から寒い外に出ると、寒さに対応するため体の自律神経の活動するための交感神経が高まり続け、その状態が続くと体の調子がおかしくなってしまうのです。

 自律神経のもうひとつのリラックスするための副交感神経とバランスをとらなければいけません。そうすることで体のいろんな機能の調節を行っているのです。ちなみに交感神経が働くと血行が収縮し、副交感神経が働くと血行が良好になります。 
 

冬バテを改善するには?

 緊張し続ける交感神経の状態が原因なのですから、できるたけ副交感神経を強く働くようにしましょう。そのために改善策としては、

○適度な運動を行いましょう。ストレッチ運動・スクワットを行って副交感神経を高めましょう。寒くて嫌だと思うかもしれませんが、体の筋肉は動かさないとどんどん衰えていくのです。衰えていくと体が冷えやすくなってしまうのです。運動はゆっくりやりましょう。

○緩めのお風呂に時間をかけてゆっくり浸かりましょう。お風呂の温度は38~40℃が適温です。これもリラックスすることが大事です。

○食事を規則正しく3食きっちり食べましょう。トマト・ほうれん草・ピーマン・タコ・イカ・納豆には「ALA」と呼ばれるアミノ酸が多く含んでいます。ALAが疲労回復には最適なので意識的に上述した食品を含む食事を摂りましょう。

まとめ

 他の冬バテの対策としては、外に出る際は体を冷やさないよう必ず厚着をしましょう。冬には年末年始に行事がたくさんあり、交感神経が働き緊張し続ける状態が続くこともあると予想します。そういう時こそ意識的に副交感神経の働きを強めるように動いて、冬バテしないようにしましょう。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP